サイズアップ男性.COM【ペニス増大サプリ】悩める男性諸君の救世主サイト★

男のシンボルと言っても過言ではない男性自身のサイズアップ!今やサイズアップも不可能ではありません。もし貴男がサイズでお悩みであれば、まずはサイズアップにチャレンジして下さい。貴男の人生をこれで変えましょう!

 ↓↓確実に速攻で増大をするなら。。。!
長期休暇中の施術をオススメします!まずは無料カウンセリングを!↓↓
北海道から沖縄まで全国展開しています
  増大・長茎
ranking-banar.jpg

短小ペニスの原因は遺伝の影響を受けてしまうのか

2016年11月19日 14時33分

短小ペニスの原因の1つに「遺伝的要因」を問われる方がいらっしゃいます。
体付きなど見た目というのは遺伝的要因で子や孫に移るものであり、遺伝に支配される事が多くあります。
背が高い親であれば、子や孫も背が高くなるという事は良くある話です。
姿形が似るのは遺伝子の問題でありますので、ペニスの大きさも遺伝的要因で似てしまう事がありえるといえます。

しかし、ここでよく勘違いしてしまう事と言えば、父親のペニスの大きさが100%息子に遺伝してしまうのでは、という事です。
子や孫に移る遺伝子というのは、両親2人の染色体により遺伝するものです。
その為、父親の遺伝子ばかりが多く影響してしまうという事は有り得ないという事となります。
よって、母親の遺伝子が子や孫のペニスの大きさに影響を受けてしまう事があるという事となります。

母親が子供のペニスに影響を与える遺伝子を左右させると言われているのが、胎児期に浴びる男性ホルモンンの影響です。
妊娠時に母親がいかに男性ホルモンを浴びるかが、大きな影響を与えると言われています。
胎児期に母親が浴びた男性ホルモンの量が高ければ、ペニスのサイズが平均値より大きくなると言われています。
母親の妊娠時の男性ホルモンを浴びた影響は息子のペニスの短小にとても大きく影響を受けますので、お腹の中の子供の事を考えるのであれば、妊娠中に男性ホルモンの量をいっぱい浴びるようにしましょう。

父親の遺伝子の影響のみが、息子に全て反映される事は有り得ません。
短小ペニスの父親であっても、間違いなく息子のペニスの大きさと比例するのかは必ずしもあるとは言い切れません。
ranking-banar.jpg